Q.消費者金融を利用する際の金利の計算方法とは

A.お金を借りる際に支払わなければならない利息。

その計算方法がわかれば消費者金融を選ぶ目安になり、返済の計画も立てやすいですね。

消費者金融の利息は借入残高に対してかかります。

まず基本的な利息の計算式は「借入残高×実質年率÷365×利用日数=利息」です。

例えば30万円を実質年率18%で1ヶ月(30日)借りた場合にかかる利息は、先程の計算式を当てはめ、30万円×0.18÷365×30=4,438円となります。

この場合、10万円を借りてから30日後に元本と利息の合計30万4,438円を支払えば借金は完済です。

では一度に返済するのではなく、毎月「元金+利息」の返済を続けていく場合の利息の計算はどのようにするのでしょうか。

借りたお金を返済する代表的な方法には「元金均等返済」と「元利均等返済」があります。

「元金均等返済」は、毎月一定額の元金に利息分を上乗せして返済する方法です。

例えば、毎月1万円の元金に利息を上乗せして返済をする場合、1ヶ月目の返済額は元金1万円+利息4,438円=1万4,438円となり、毎月1万円ずつ借入残高が減っていきます。

2ヶ月目は30万円から1万円を引いた借入残高29万円に利息がかかるので、2ヶ月目の利息は、29万円×0.18÷365×30=4,290円となります。

それに対して「元利均等返済」の場合は「元金+利息」の合計が毎月一定額になるように返済する方法です。

例えば、元利均等返済で毎月1万円ずつ返済する場合、1ヶ月目の利息は4,438円で、1万円のうち元金返済に充てられる金額は、1万円-4,438円=5,562円となります。

2ヶ月目の利息は、30万円から1ヶ月目に返済した元金5,562円を引いた借入残高29万4,438円に対してかかりますから、29万4,438円×0.18÷365×30=4,356円となり、2ヶ月目に返済する1万円のうち元金返済に充てられる金額は、1万円-4,356円=5,644円です。

3ヶ月目の利息は、29万4,438円から2ヶ月目に返済した元金5,644円を引いた借入残高28万8,794円に対してかかります。

このように利息の計算をしてみると、思った以上に多くの利息を支払わなければならないことが実感でき安易な借入を避ける助けになります。

また、金利の違いによって返済額にどれほどの差が出るのかも確認できますので、ぜひ試してみてください。

このページの先頭へ