Q.消費者金融の広告で目にする即日審査とは何か

A.最近では、多くの消費者金融の広告で「即日審査」の文字を目にするようになりました。

即日審査とは、これまでの営業実績によって蓄積されてきた顧客情報をデータベース化し、年収などの審査項目を点数性にすることによって、審査業務をコンピューターによって自動化し、迅速に審査結果を出すシステムのことです。

即日審査と聞くと、申込をした当日中に融資を受けられるようなイメージを受けますが、実際には当日中に融資を受けられないケースも多々あります。

また、即日審査に通ったとしても、その後に融資不可という結果が出ることもあります。

なぜなら、審査には仮審査と本審査があるからです。

一般的に消費者金融の公式ホームページからおこなえるWeb上の「即日審査」や「スピード審査」は仮審査に該当するケースがほとんどです。

中には「最短10秒」とか「最短30分審査可能」などという広告もありますが、これは利用者が提示した数項目の審査項目に基づいてコンピューターが自動審査をおこない、仮審査に通った場合にかかる時間をあらわしています。

多くの場合、仮審査の後に本審査がおこなわれます。

本審査には仮審査で提示された情報が真実であるかを確認し、その利用者の返済能力の有無を精査する目的があるため、提出された身分証明書や収入証明書などのチェックを含め、慎重な審査がおこなわれます。

また、コンピューターの自動審査だけでは融資可能であるかどうかが判断できない点については人間の手による審査に切り替わり、より厳密な本審査がおこなわれるため時間がかかりますし、審査結果がNGとなることもあります。

さらに注意が必要な点として、コンピューターの自動審査のみでスムーズに本審査まで通る場合であっても、その日のうちに融資を受けるためには平日の14時頃までに本審査が完了していることを条件としている消費者金融が多いので、すぐに融資を受けたい場合には午前中に申し込む方が即日融資の可能性が高まります。

また、仮審査の際に提示された情報と、提出された身分証明書や収入証明書などの情報が異なっている場合には、信頼できない人であると判断され審査に落ちてしまいますので、申込の際にはくれぐれも入力ミスのないよう、また審査に不利と思える情報であっても正直に申告することが大切です。

このページの先頭へ