Q.消費者金融のサービス「無利息期間」とは何か

A.消費者金融の広告でよく目にする「無利息期間」とは、キャッシング契約をした日、または借入日の翌日から一定期間無利息でお金を借りることができるサービスです。

今のところ、レイク、プロミス、ノーローンなどが無利息期間サービスを設けています。

もちろん、利用者にお金を貸し、その利息から利益を得ることを商売にしている消費者金融のサービスですから、無利息期間が適用されるためには一定の条件があります。

例えばレイクの無利息期間サービスには「はじめての方限定」という条件があります。

また、プロミスの無利息期間サービスには「プロミスをはじめて利用する人のうち、30日以内にポイントサービスに申し込んだ人限定」という条件があります。

また「なんどでも1週間無利息」のキャッチコピーで有名なノーローンの無利息期間適用にも「初回の借入と、全額返済した翌月以降の借入限定」という条件があります。

それにしても、消費者金融はなぜ利益を得ることのできない無利息期間サービスを提供しているのでしょうか。

それは、一定期間を無利息とすることでお金を借りやすくし新しい利用者を獲得できるというメリット、また「なんどでも無利息」サービスの場合には、利用者に繰り返しお金を借りてもらえるというメリットがあるからです。

一方、利用する側からすれば、無利息期間内に借入金をすべて返済できればまったく利息がかからないというメリットがあります。

給料日までの数日間のみ借入をして給料を受け取ったらすぐに返済できるなど、はっきりとした返済のめどが立つ場合にはとても役立つサービスです。

しかし、実際には短期間の無利息期間内に完済できないケースが多いので、消費者金融は無利息期間を過ぎた時点以降に発生する利息から利益を得ることができるのです。

また、これまで消費者金融を利用することに抵抗があった人でも、無利息期間サービスにひかれて一度でも消費者金融を利用すると、急な出費をまかなえる利便性がクセになり、その後も同じ消費者金融を利用する可能性が高くなります。

そういうケースでは、長い目で見れば無利息期間サービスの有無よりも金利などの借入条件の方が重要になってきます。

ですから、消費者金融を選ぶ際には、無利息期間サービス以外の条件にも注目し、自分の必要に合った商品を慎重に選ぶように心がけましょう。

このページの先頭へ