限度額は多い額に設定した方がいいのでしょうか。

万一のことを考えて、限度額の多いキャッシング会社に申し込んだ方がいいのでは、と考えてしまうかもしれませんが、限度額が多ければ多いほどと言うわけではありません。

なぜなら、クレジットカードについているキャッシング枠の限度額は年収で決まるからです。

また、キャッシングに関しての法律では、借入は年収の1/3までと定められています。

これは、カードを複数枚所持していても、合計のキャッシング限度額が年収の3分の1までとなります。

キャッシングを申し込む段階では、申込者全員が限度額いっぱいの融資を受ける権利を持っています。

しかし、キャッシングが行われる際の審査内容によって、利用者一人一人に「融資してもいい金額」が設定されます。

それが、キャッシングカードを作成した際の限度額よりは少ない場合もあります。

ほとんどの方の場合、はじめてのキャッシングで限度額いっぱいの融資設定を受けることはできません。

キャッシングを利用しようと考えている方は、おそらく何かしらの理由でお金を借りたい人ので、収入面に余裕が無いからだと判断されるからです。

では、限度額を満額借りることは不可能なのかというと、そうではありません。

何度もキャッシングを利用する中で、滞納がなかったり、完済経験のある方は、比較的高い融資限度額を設定してもらうことができます。

過去の返済履歴や収入などによって今後変わってくるということです。

しかし、日常生活では限度額は三十万程度で十分という人もいるでしょう。

それに盗難や紛失に合った場合、限度額を低く設定することで被害を最小限度に留める目的があります。

それで、メインの一枚だけを高めに設定して他のカードを最小限の利用限度額にするのもいいアイデアかもしれません。

また、ただお金を借りたいという訳ではなく、融資してほしい目的があることもあります。

例えば、開業したい、お店を開きたいなどの個人のビジネス計画の場合もあります。

返済計画もしっかりしていることをアピールすれば、個々の限度額を増資してもらえる場合もあるので、相談して見ましょう。

このページの先頭へ