返済日に間に合わなかったらどうなりますか。

計画的な利用を心がけているつもりでも、急な出費で返済用に予定していたお金を使ってしまい、返済期日に返せないといったことがあるかもしれません。

そんなときは、どうしたらよいのでしょうか。

数日遅れたくらいなら大丈夫とか、次の返済日にまとめて払えば大丈夫、などの安易な考え方をしてはなりません。

なぜなら、それは、貸し手との信頼関係を裏切るような行為だからです。

ですから、どうしても間に合わないときには、まずキャッシング会社に連絡をして、状況を素直に伝えてみましょう。

いつごろなら払えるか、いくらまでなら払えるかを相談すれば、ケースに応じて、返済を待ってくれる場合があります。

もしも、連絡をいれずに返済が遅れたら、自宅や勤務先などに頻繁に電話が掛かってくることがあります。

ですから、キャッシング会社から電話が来る前に、自分からキャッシング会社に連絡することが大切です。

これは、自分がきちんと返済日を把握していることや、やむを得ない事情があることを説明しようと出向く、信頼に値する行為をしているという証拠になるからです。

キャッシングは信頼関係で成り立っていますが、すべて機械が行っているわけではありません。

正直に事情を話して、数日伸ばしてもらえることや、その期日を守れば延滞料金も発生しないよう取り計らってもらえる場合もあります。

すべては信頼関係を失わないために、責任ある行動をし、誠実な態度でこちらから連絡することです。

もし、それをしないなら、その人の信頼は一瞬にして失われ、キャッシング会社の人が自宅に尋ねてくるかもしれません。

場合によっては、全額返済を迫られることあるでしょう。

返済金をつくるために、他社からキャッシングするようなことがあっては、借り入れが雪だるま式に膨んで取り返しがつかなくなるかもしれないのです。

別のカード会社から借りて返済を繰り返すよりは、1つの会社で、きちんと事情を説明して、待っていただけるようお願いして、次の期日に間に合わせることがベストです。

このページの先頭へ