複数の金融機関から借りているのですが、まだ借りられますか。

キャッシングに関する法律の改定があり、2010年に総量規制という法律が施行されました。

これは、個人は年収の3分の1までしか貸金業者から借り入れができないという法律です。

収入を超えたキャッシングにより自己破産に至るケースが多かったためです。

ここでいう個人のキャッシングとは、借入金の使途を特定せずに契約し、限度額内なら何度でも引き出せる貸し方のことです。

この場合、個人の年収によって限度額が決められるので、例えば、年収300万円の人は100万円までしか借りられません。

これは1つの金融機関に対してではなく、複数から借りている場合にはその合計が100万円を超えられないという意味です。

個人の限度額を超えない限りは、複数の金融機関から借りることはできますが、1つの会社に絞ったほうがメリットが多いことがあります。

一つは、自分で負債の管理がしやすいこと言うことです。

複数になればなるほど、会社によって金利も異なるので、利子の計算が面倒になります。

それで、どの会社にどれくらい借りているのか利子がどのくらいなのか把握するのが難しくなります。

それよりは、金利が低いところで、必要な金額が限度内で収まるローンにするほうが、返済もややこしく無くなります。

また、複数の金融機関から借りていると、請求書もその会社の数だけ送られてくるので、ストレスにもなります。

あちこちの消費者金融から借りている状態を、多重債務といい、いろいろな消費者金融に毎月返済しなければなりません。

返済日の管理も大変になるので、返済日をうっかり間違えてしまうと、返済を滞納してしまう可能性も高くなり、複数から催促の電話がかかってくることになります。

それで、多重債務の借金を一本の契約にまとめてしまう、「一本化」することをお勧めします。

あちこち個別についていた利息を出来るだけ低い金利の利息にまとめることができ、毎月の返済額を減らすことも可能です。

迷ったなら、どれか一つの金融会社を選び、一本化する相談をしてみましょう。

このページの先頭へ