韓国を狙う日系企業とキャッシング世界事情

キャッシング世界事情は各国違いがあります。

例えばイギリスでは上限金利はありません。

その代わり、ある一定の利息を超えてしまうと消費契約法に基づき裁判所は契約の変更を命令できます。

同じくヨーロッパのドイツでは金融に関する取引、預金、信託、証券、ローン、キャッシング、保険まですべてユニバーサルバンクで行っています。

そのため金貸専門などの業態事態が存在しないためノンバンク等のキャッシングはないのが現状です。

またアメリカでは州により金利手数料が違います。

12パーセントから45パーセントと幅が広いのが特徴です。

ちなみに金利の決め方は本人の住まいではなく、金融業者の本社所在場所の州に基づき計算されます。

アメリカでは低所得者と高所得者の差が最も激しくキャッシングの中でもペイデーローンというものがあり、言葉のとおり今日過ごす金を借りる時の利息は450パーセントから800パーセントとも言われています。

しかしそれでも借りに来る人は後を絶たないのが現状なのです。

こうした上限金利が日本に比べて高い国が多いです。

近年では日本で総量規制や過払い金返還請求などが発生したため、日系の企業が海外にマーケットを移し始めています。

イギリスやアメリカなどには曖昧な上限金利が設定されているため進出はしづらいのです。

しかし、お隣の韓国では規制が緩く、総量規制などもないため日系の消費者金融の進出の的になっています。

こうした背景もあり韓国では6年前に上限金利を年利66パーセントから49パーセントまで引き下げました。

日系の資本が入った企業が韓国に続々と進出しています。

現在は39パーセントまで上限が下げられています。

それでも日本の利息制限法の10パーセントも高いのです。

韓国でも銀行ローンに関しては平均並みです。

現在日本では法律で禁止されてできないようなことが韓国で横行しているのも事実です。

少し前の日本を見ているようですが、こうした状況でも金を借りなければならない事情がある人がいるのも実情なのです。

このページの先頭へ