消費者金融のカードローンの審査でブラックリストとはなにか

消費者金融のローン専用カードによるキャッシング・ローンは、利用者にはスピード審査・即日融資という流れが一般的で、いざという時にはとても便利です。

しかし、消費者金融での借入は、個人の信用情報として信用機関で記録として五年程度は残ってしまいます。

こうした消費者金融での借入情報の記録は、銀行での住宅ローンの借入などでは、あまり心証の良い情報ではないといいます。

クレジットカードでも、個人の信用情報でキャッシングの記録があるということは、長期間の住宅ローンの審査では、利用申請者の家計上の遣り繰りに問題があると、見なされるといいますから、消費者金融のキャッシングにまで借入履歴があると、他に問題が無く好スコアであったとしても、予定借入総額や設定金利面で不利に働くようです。

ましてや、過去に三ヶ月以上の滞納や長期延滞などの事故履歴の記録があれば、ブラック情報と見なされて、ローンの審査自体に通らない可能性も濃厚となります。

消費者金融からの借入残額は少なくても、複数の消費者金融のカードを作っているだけで、借入上限の持ち枠が合計すれば増えてしまいますし、多重債務の有無などあらぬ審査上の不利となりかねません。

実際は、消費者金融のブラックリストとは存在しないのでしょうが、個人の信用情報は消費者金融業界の参加する全情連情報センターなどの第三者機関で借入や返済の履歴として五年間にわたって記録が残されます。

ネット上にも、信用情報機関のブラックリストに載ることを懸念した相談者の声が多数寄せられています。

住宅購入の際の住宅ローンの借入などには、基準となるスコア審査があり、ブラックリストとはいわないまでも、過去の銀行やクレジットカードの利用・返済などの取引履歴も信用情報として参照されるので、返済履歴に延滞や欠損等の事故事実のある人は、そもそも事故時点から五年以上はローン申請自体もしない方が良いのです。

銀行の審査で借入を拒否されれば、その事実も信用情報の履歴に残ることになります。

まず、ローン申請前に、自身の信用情報のデータベースから、指定の利用料さえ払えば事前に照会・閲覧することが可能ですから、確認しておくことです。

ちなみに、この閲覧の情報は、履歴には残りません。

このページの先頭へ