優良顧客になるには間違えやすい盲点があります

優良顧客になるためにはどうしたらよいか。

第一にお金を借りることです。

お金を借りなければ信用情報に何も載らないので、消費者金融はこの人がどういう人なのか判断がつきません。

つまりお金を借りたことがない人の融資の判断材料は、勤務先の規模、勤務年数、年齢のみになります。

これだけではじかれてしまうことも多々あります。

お金を借りた実績がある人の方が良い判断を受けられるケースもあります。

そして借りたお金は、返済日までにしっかりと返していきましょう。

これが最低の条件であり、守れない人は優良顧客になれるどころか、人としてどうなのかと疑われます。

これがいわゆるブラックリストに載る理由なのです。

信用情報には機械化している面もありますが、実は人対人の部分が大きな信用の差を産むのも事実なのです。

例えば、返済が遅れてしまいました。

ここで消費者金融からの連絡を待たずに自ら連絡します。

これだけでも印象は違います。

誠心誠意対応できる人であれば信用を多く獲得することが、優良顧客になる秘訣といえます。

そして同じミスを繰り返さないことも重要です。

やはりお金を借りるには返済能力も見られます。

いくら誠心誠意対応しても、毎月滞納しているようでは返済能力ゼロと見られても仕方がありません。

一度遅れてしまった場合も翌月に同じことを繰り返さないようにすることです。

このようにいくと必ず信頼関係が生まれます。

それは金利の優遇や更なる融資にも繋がります。

また消費者金融は信用情報を共有していますので、複数の銀行や消費者金融からキャッシングや融資を受けている場合はすべての会社への返済を滞りなく行うことが最善です。

A社はしっかり返しているが、B社は遅れてしまう、これでは優良顧客にはなれません。

優良顧客とはお金を借りても毎月余裕を持ち返済できる人のことをいいます。

決してお金持ちや儲かっている企業のことではありませんので、注意するようにしてください。

このページの先頭へ