銀行からのキャッシングと銀行系カードと比較

キャッシングを利用する際に、どの会社から借りるか迷ってしまうほどたくさんあります。

また、怪しい会社から気軽にお金を借りる気にはならないので、慎重に選びたいものです。

一般的にキャッシングの会社には、「銀行」「銀行系」「銀行系以外」と大まかに分けられています。

「銀行」とは、三菱UFJ銀行やみずほ銀行、三井住友銀行など銀行が直接行なっているキャッシングの貸付です。

これらの会社のキャッシングを利用する場合は、その銀行の普通預金口座を持っていることが条件です。

急に借りたい時に口座の開設から始めて、対応することは難しいので、すでに口座を持っている銀行という状態でのキャッシングならすぐに行うことができます。

銀行のキャッシングの利点は、金利が比較的低いことや、実績のある大手の有名銀行から直接借りるので安心です。

またATMや支店が数多くあるので、近場で活用できるというのも利点です。

次に「銀行系」ですが、銀行が経営資金として出資をしている消費者金融業者が融資してくれるところです。

つまり、会社のバックには銀行があるという安心感があります。

「銀行」よりはやや金利が高いものの、一般的な消費者金融から借りることを考えれば遥かに低金利で借りることが可能です。

また「銀行」も「銀行系」のメリットに貸付限度額が大きいということがあります。

急にまとまった資金が必要なケースや、複数の借金を一本化する場合にはもっとも都合が良くなります。

銀行系は大手銀行が運営しているだけあって、低金利のものや限度額が高かったり、商品スペックが高いものが多いです。

そのため、消費者金融系よりは、若干ですが、審査が厳しめと言われています。

銀行系カードローンのポイントは、総量規制の対象外であることです。

総量規制とは、年収の3分の1までしか借入ができなくなった法律のことで、専業主婦のように収入が無い場合は借りれないことになります。

しかし、その法律が対象外なので、主婦でも借りれることもあり、子供の教育費や養育費としてキャッシングする方もおられます。

このページの先頭へ