金利比較で低金利会社を検索するときの注意点

キャッシングを行う中で、数あるカードローン会社の中から、何を基準に選んだらいいのかわからない…と思う方もおられるでしょう。

その場合は、金利の低さを基準にカードローン会社を選んでみることもできます。

返済する時になるべく少ない利息で済むので、キャッシングコストが抑えられます。

有名なキャッシング会社として、アコムの金利は、4.7%~18.0%です。

利息は利用日数分のみとなっています。

つまり、これは早く返済できればできるほど、利息計算される日数が減るので利息が安くなるということです。

次に、大手の信頼実績が売りの、オリックス銀行カードローンでは、金利3.0%~17.8%となっていて、これは業界内では最低水準の金利となっています。

そして最高800万円の限度額と、返済額も7000円(借入残高30万円以内の場合)からと、返済設定がお手頃となっているのも、このローンの特徴です。

もう一つの低金利の会社として名前が挙がるのが、モビットです。

貸付利率は、4.80%~18.00%となっています。

しかし、遅延した場合は、遅延利率は、20%(実質年率)となるため、返済は遅れないようにすることが大切です。

万が一、遅れてしまった場合を考えて、遅延利率もそれぞれの会社でチェックしておくことも大切です。

遅れた場合は、通常、信頼関係が損なわれるという理由で遅れた方が悪いという解釈にもなりますが、遅延利率はかなりの高額利率になっていたりします。

通常は低金利であっても、遅延利率が高い場合もあるので、両方をチェックして他社と比較することも大切です。

遅れないと絶対の確信がある場合はいいのでしょうが、いつ何時予測できない事態が起きるかわかりませんので、それを考慮に入れた計画も大切です。

低金利を謳うキャッシング会社はたくさんありますが、返済期日が早まればその分の利率計算をしてくれるのか、最初に契約した日数は固定なのかによっても、合計の金利としての利子は異なる金額になります。

すべての要素を踏まえて、金利を比較するとよいでしょう。

このページの先頭へ