キャッシングの審査にかかる時間を最短にする方法

今すぐお金が必要になった場合、キャッシングでお金を借りようと思ったなら、特に気になるのは審査に要する時間でしょう。

この審査時間が長いと、当然、融資を受けられるまでの時間も長くなります。

現在では一般的に、キャッシングの審査に要する時間は、早いもので数秒から、遅くて数日というものが一般的です。

審査30秒といったものや、審査30分などと宣伝する会社もあります。

審査が秒単位というのは、主に窓口ではなくインターネットやスマホなどの、インターネットやアプリケーションソフトを使用した場合です。

窓口では、会社によっても異なりますが数日かかることもあります。

ただし、申し込みの条件やその他の要因によって、キャッシングの審査時間が長引く場合もあります。

その他の要因とは、他社での利用状況です。

他の会社にもローンがあるかどうかは返済能力にかかわる重要なところなので審査は慎重に行われます。

これについては、個人信用情報機関という専門の機関に照会して確認されるため、照会が完了しない間は借りられないということになります。

例えば、キャッシングの申し込みが、夕方や真夜中など個人信用情報機関の営業時間外の場合は、すぐに照会ができないため、結果が翌日になることもあります。

30秒や30分を宣伝していても、この手順が確実に行われたとしての時間なので、必ずしも自分が借りるときに30秒で済むのかどうかはやってみないと分からないという場合も多いでしょう。

今では、大手キャッシング会社では、アコム、プロミス、モビットなどでは数十秒から数分としています。

基本的に申告した内容にうそがないことが確認でき、キャッシング会社の基準を満たしていれば審査はすぐに通るはずです。

処理が機械化されてはいても、最後のところは人間の担当者の判断が必要になるので、こうしたことに時間がかかる場合もあります。

キャッシングの審査に要する時間の主な特徴を大別すると、消費者金融は審査時間が比較的早く、銀行系は消費者金融よりも審査時間が長い傾向にあるようです。

このページの先頭へ