ローン初心者向け豆知識、目的別ローンについて

初めてローンを申し込む人が知っておいてほしいことの一つにローンの種類があります。

ローンの種類は大きく分けて3つあり、フリーローン、カードローン、目的別ローンがあります。

フリーローンとカードローンは広く知られているローンですが、目的別ローンとはどのようなローンでしょうか。

ここではローン初心者向けに、目的別ローンについて説明したいと思います。

目的別ローンとは、読んで字のごとく、特定の目的でお金を使うことを前提としたローンのことです。

具体的には、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、アパートローン、リフォームローン、介護ローンなど実にさまざまな種類があります。

目的別ローンの特徴として、用途が限定されていないフリーローンよりも審査が厳しく、融資までに時間がかかります。

金利が低めに設定されているため、人によっては希望融資額よりも借りれる金額が少なくなったり、申し込みそのものを断られることもあります。

ノンバンク系のカードローンのように申し込みした当日に融資を受けられるということはまずありません。

住宅ローンや自動車ローンなど長期で借りるローンに関しては、金利が低いほうが負担が少なくなるので、たとえ審査が厳しくても目的別ローンを利用するほうがオトクです。

目的別ローンを申し込む際に、お金を借りたい目的を証明できる書類を提出する必要があります。

例えば、教育ローンの場合は学校の合格通知書、自動車ローンの場合は、購入する自動車の見積書や契約書、住宅ローンであれば、源泉徴収票・物件の資料が必要になります。

ローンを申し込む金融機関によって必要書類が異なるため、事前に確認の上、書類を準備します。

目的別ローンは金利が低めではありますが、借金していることには変わりありません。

できる限り早めに完済できるように普段から家計のやりくりを行い、節約を心がけることがとても大切です。

ローンの利用は計画的に行いましょう。

このページの先頭へ