消費者金融のカードローンの特典ランキングはどうなってますか

カードローンには、銀行の定期や定額預金を担保に総合口座で預金の満期までの間に預入額の90%までを限度額内に低利で借り入れできる銀行キャッシュカードローンやクレジットカードに付帯したカード会社が運営するカード・キャッシングと、ノンバンクや信販系のカード融資ローン、独立系と大手銀行系の消費者金融がローン専用カードを発行して運用しているキャッシング・ローンの大体四種があります。

この中で、カードローンによる小口融資専業の消費者金融は、ポイント還元や会員特別割引特典などのサービスがまったくと言っていいほどありません。

クレジットカード付帯のカードキャッシングでも、お買い物でのクレジットの場合と異なってポイントは還元されませんから、現在キャッシングに対してポイント還元などの特典を付与している貸金業者はほぼゼロだといえるでしょう。

10万円~50万円程度の小口融資に対して、クレジットカード会社のカードキャッシングでも、大手銀行系や独立系の消費者金融でも設定されている貸し出し利率は、一律に18%です。

これは現在の利息制限法に、原本が10万円未満で20%、10-100万円で18%、100万円以上で15%という金利の上限が定められているからです。

例外は、貸出原本が10-100万円の場合の楽天銀行カードの14.5%やノンバンク・信販系のカード融資ローンの15-16.5%やイオンフリーローンの12.5%といったところです。

クレジットカードに特典の優劣を競う特典ランキングがあるのに、カードローンの世界では特典ランキングはほぼ存在しないのです。

しかし、キャッシングだけで、人気が貸金業者の業績を左右する消費者金融では、クレジット会社のカード・キャッシングに顧客を奪われすぎないように、以前よりカード発行に入会金・年会費無しは当たり前ですが、審査の基準を引き下げて、即日カード発行や審査後即融資などのスピード審査・スピード融資に力を注いできました。

そのうえ、最近では新たな動きとして、入会特典を大きく宣伝する大手金融系消費者金融が現れてきました。

入会後1週間無利息のNOLOANや初回借入のみ30日間無利息で、ネット会員でポイントが貯まれば無利息期間を与えられる金利17.8%のプロミスなどが競っています。

このページの先頭へ