消費者金融のカードローン、安心の銀行系ランキングから選択を

消費者金融のカードローンには、独立系と大手銀行系の消費者金融がローン専用カードを発行しています。

三井住友銀行のグループのプロミスやポケットバンク、三菱東京UFJ銀行グループのアコム、両行資本並列のモビット、新生銀行グループのレイクやノーローンなどです。

いずれの消費者金融各社も、銀行系ランキングの人気ランキングの上位に顔を連ねています。

クレジットカードのキャッシングや小口の銀行融資よりも、消費者金融のカードローンが有利な点は、短時間の即日審査とローン専用カードの即時発行、即日融資にあります。

個人を特定する免許証などの身分証明書があれば可能です。

審査は、おもに消費者金融各社が加盟する信用情報機関である全情連情報センターに登録された個人の信用情報にある利用や事故などの履歴が参照され、年齢や定住所や勤務先、勤続年数、収入状況など申込内容によって短時間で審査が終えられます。

20分や30分以内でのスピード審査・即日融資をうたう消費者金融も多くあります。

貸出金利も、10-50万円程度までの小口融資が中心で、年利17.8-18%となっています。

カードローンの返済方法には、一括返済とリボルビング払い(リボ払い)による返済方法が一般的です。

しかし、クレジット会社のキャッシングと違って、返済には締め日という概念が無く、単純に借り入れ日と返済日との間の日数で、金利計算されて元本の返済と同時に利息の返済が請求されます。

分かり易いといえば消費者金融の方が、クレジットカードでのキャッシングよりも単純です。

しかも、消費者金融でキャッシングした方が利息が安く、結果的に返済額が少なかったというケースも発生します。

新生銀行系のノーローンのように、前回の借入額を完済後に、一週間以内でのキャッシング借入を金利ゼロとしている会社もあります。

給料日が近くて、まとまった支払や会社での宴会費用など、返済の目途が一週間以内に立つケースでは、ノーローンの融資特典プランは有利で、大変人気もあります。

大手銀行系の消費者金融は、経営母体自体がしっかりしているので、その利用者には安心感の高いカードローンのスタイルを構築できるでしょう。

このページの先頭へ